校長挨拶

愛知県立小牧南高等学校のホームページをご覧いただき、ありがとうございます。このホームページは、開かれた学校づくりを推進するために開設し、日々の教育活動や生徒の活気あふれる学校生活の様子などを随時お知らせしています。生徒や保護者の皆様、同窓生の皆様、地域の方々、さらに広く多くの皆様方に、現在の牧南(まきなん)の姿を御理解いただくと同時に、本校への御支援と御協力をお願い申し上げます。

 

本校は、小牧山を北に仰ぐ緑豊かな地に、1980(昭和55)年に開校され、本年度で創立40周年を迎えます。創立当初からきめ細かい学習指導・生徒指導を行い、大学への進学を目指す普通科高校として、地域の信頼を築いてまいりました。

 

本校は、学問だけではなく、豊かな心を育てることを大事にする学校です。部活動や学校行事、地域貢献活動に積極的に取り組み、文化芸術に親しみ、郷土に学びながら、自分自身の考え方や価値観の基礎を確立するための様々な教育活動を展開しています。

 

本校の校訓は「知(ち)・行(コウ)・恕(ジョ)」です。最初の二文字、知と行は、知行合一(ちこうごういつ)という言葉が由来となっています。この言葉の意味は、「知識と行為は一体である。本当の知識は実行を伴わねばならない」という意味です。三つ目の文字、「恕」とは、他人の立場に立ち、その人の痛みや苦しみ、喜びを自分のことのように感じることができるこころです。この校訓のもと、「自ら学び、正しく判断できる人間」「活力に満ち、たゆみなく実践する人間」「豊かな情操をそなえ、礼節を重んじる人間」の育成を目指しています。

 

本校の校章は、英傑の偉業青史を照らす        rogo1

古戦場、史跡小牧山を両側から円弧で分割

して小牧の小を表し、「高」は高い理想に

向かって伸び行く若人を象徴しています。

また、円錐形は重要点を表す意味も含まれ

ています。

 

本校は、平成28年度より3年間、愛知県教育委員会の研究指定校としてアクティブ・ラーニングによる授業改善に取り組みました。その成果を基に、本年度からあらたに65分授業を導入し、生徒がより深く学び、「思考力・判断力・表現力」を磨けるよう、さらなる改善に努めてまいります。

 

教職員一同、生徒一人ひとりを大切にしながら、本校の教育に全力で取り組み、地域に根付いた学校づくりを推進して参ります。これからも変わらぬ御支援と御協力を心よりお願い申し上げます。

 

 

愛知県立小牧南高等学校長 山田 満貴