2

校長挨拶

愛知県立小牧南高等学校のホームページをご覧いただき、ありがとうございます。このホームページは、開かれた学校づくりを推進するために開設し、日々の教育活動や生徒の活気あふれる学校生活の様子などを随時お知らせしています。生徒や保護者の皆様、同窓生の皆様、地域の方々、さらに広く多くの皆様方に、現在の牧南(まきなん)の姿を御理解いただくと同時に、本校への御支援と御協力をお願い申し上げます。   本校は、小牧山を北に仰ぐ緑豊かな地に、1980(昭和55)年に開校され、本年度で創立40周年を迎えます。創立当初からきめ細かい学習指導・生徒指導を行い、大学への進学を目指す普通科高校として、地域の信頼を築いてまいりました。   本校は、学問だけではなく、豊かな心を育てることを大事にする学校です。部活動や学校行事、地域貢献活動に積極的に取り組み、文化芸術に親しみ、郷土に学びながら、自分自身の考え方や価値観の基礎を確立するための様々な教育活動を展開しています。   本校の校訓は「知(ち)・行(コウ)・恕(ジョ)」です。最初の二文字、知と行は、知行合一(ちこうごういつ)という言葉が由来となっています。この言葉の意味は、「知識と行為は一体である。本当の知識は実行を伴わねばならない」という意味です。三つ目の文字、「恕」とは、他人の立場に立ち、その人の痛みや苦しみ、喜びを自分のことのように感じることができるこころです。この校訓のもと、「自ら学び、正しく判断できる人間」「活力に満ち、たゆみなく実践する人間」「豊かな情操をそなえ、礼節を重んじる人間」の育成を目指しています。   本校の校章は、英傑の偉業青史を照らす       …
2

卒業式式辞

40年分の自信 校長 小塩 卓哉 卒業生…
2

四十周年を前に

着任して次の周年行事は四十周年であると聞き、早めに準備をしなければとずっと思っていましたが、いよいよ来年に迫りました。P…
2

平成の節目の年に

卒業生の皆さん、ご卒業おめでとうございま…
2
城のある町にて 小塩 卓哉 昨年度初めて…
rogo1

少年、少女たちよ

                            校長 小塩 卓哉  卒業生の皆さん、ご卒業おめでとうございます。期待に胸をふくらませ本校の校門をくぐられてからはや3年。本日栄えある卒業の日を迎えられました。勉強や部活動、そして学校行事と、何事にも全力で取り組まれ、思い出も一杯たくわえられたことと思います。今日この日の感動をしっかりと胸に刻み、明日からの輝かしい旅立ちの糧にしていただきたいと思います。 保護者の皆さまには、お子様の誕生以来、18年間にわたり、深い愛情をもってお育てになって来られ、こうして立派に成長された姿を前にして、さぞかしお喜びのことと拝察申し上げます。本日の晴れのご卒業を心よりお祝いを申し上げますとともに、3年間にわたり本校の教育に対してご支援をいただきましたことに、改めて感謝を申し上げます。本当にありがとうございました。 さて、ありきたりの言葉ではありますが、旅立ちの時にある18歳の若者には、「少年よ大志を抱け(Boys,be…
2

大使と出会い学んだこと

校長 小塩 卓哉 この巻頭言は、いつも…
2

シチズンシップの先人

主権者教育の推進が、大きな課題となっています。昨年公職選挙法の一部が改正され、選挙権を有する齢が満18歳以上に引き上げられたことで、高校生も在学中に選挙権を得る場合が出て、これまで以上に公民としての資質を育む指導が求められ始めたからです。 「私たちが拓く日本の未来」という副読本が配付され、本校でも、公民科の授業や総合的な学習の時間に、主権者としての意識を高めるための授業が行われています。 日本ではまだ始まったばかりの主権者教育ですが、欧米では、1990年代から、子供の公共意識などを育むシチズンシップ教育が定着しています。シチズンシップ教育とは、市民としての資質・能力の育成を目標とし、個人の権利や人種の多様性を尊重し、社会の中で円滑な人間関係を維持するために必要な能力を養うものです。今後、日本でもシチズンシップ教育、主権者教育は、さらに普及していくのでしょうが、そのような教育を受けていない私たち大人もまた、よりよきシチズン(市民)、主権者であるべきことは言うまでもありません。責任重大ですが、子供たちと一緒になって学ぶ意識が大切だと思います。 さて、一年前の「牧南」で岐阜県八百津町における杉原千畝顕彰短歌大会を紹介しましたが、今年も二年生が勇気賞を受賞しました。 人類が平和のための代償に失ったのは平和 そのもの …